女性医師による美のオーダーメイド「お肌のクリニック」形成外科・皮フ科・美容皮フ科

03-3202-7050

電話受付
10:00~13:00 / 14:30~18:30
営業時間
10:00~13:30 / 14:30~19:00
休診日
木曜日/日曜日
アクセス
〒169-0075
新宿区高田馬場2-18-4
鮨源ビル6階

JR山手線、西武新宿線
「高田馬場駅」
早稲田口より徒歩2分
地図
今月のキャンペーン情報
初めての方はこちら

メニュー

  • 症状から探す
  • 施術内容から探す
一覧
院長ブログ
スタッフブログ

HOME > メニュー > まきづめ(陥入爪) > まきづめ(陥入爪)

メニュー

まきづめ(陥入爪)

概要 効果と特徴 リスクとダウンタイム 治療をお受けいただけない方 症例写真 料金表

概要

まきづめとは、爪の先端が内側に大きく弯曲し爪が皮フにくい込み、痛みや炎症を引き起こした状態です。
当院の治療法は、爪の根本をフェノールで焼いて曲がった爪を生やさないようにしてしまうフェノール法と、
先端にワイヤーをはめて丸くカーブした爪をまっすぐに矯正する方法があります。

他にもマルチワイヤー法がありますが、爪に穴をあける際に爪が割れる可能性があるので、
当院では行っておりません。

効果と特徴

フェノール法 まきづめリフト法
フェノール法 まきづめリフト法
丸い部分をフェノールという薬品で焼いてしまいます。
爪の幅が狭くなります。
上の様なワイヤーを約2ヶ月爪の先端にはめます。
1週間位で改善してきます。
約半年~1年持続します。(個人差あり)
局所麻酔をします。
手術翌日とそれ以降は1週間に1回の通院が必要です。
約1カ月で治ります。
痛みは全くありません。爪が厚い方は少し削ります。
爪が伸びて靴等に当たるまでそのままにします。
1~2カ月毎に切ります。接着剤固定しない場合
ワイヤーは何度でも使用できます。
1wで改善してきます。

リスクとダウンタイム

フェノール法 爪の幅が狭くなります。
しばらく痛みもあり、つま先がゆったりとした靴を履く必要があります。
まきづめリフト法 全くありません。

治療をお受けいただけない方

フェノール法 妊娠中の方、麻酔アレルギーの方等
まきづめリフト法 金属アレルギーの方

症例写真

ただいま準備中です。

料金表

フェノール法 保険適応、3割負担で約¥8,000
まきづめリフト
(再診料¥2,000)
片側 ¥10,000
両側 ¥15,000

一覧へ戻る

カテゴリ:

PAGE TOP